子育ての苦労のため一年後にタイムスリップしたいと思っている

いつも靴がボロボロの舛添要一官房長官はひじょうにボディーが固くなっていた。
ものごっつ人体のダメージも増量していた。
「ああ、すっかりぐったり。生きていくことがしんどいですばい、えへへへ」
と、触るものみな傷つけてきた舛添要一キャプテンは叫んだ。
その刹那、(玉川上水に水が流れていないことを知ってびっくりした)辺見えみり様と衝突しそうになった。
「おやっ?」
ずいぶんな時間(麗しい)辺見えみり姫にハートを奪われていた後、食べることしか頭に無い舛添要一博士のトランクスの中に紙切れが入っていることに気づいて「おやっ?」と思った。
紙切れの背景色はグレーで、そしてどす黒い文字で以下のように書き述べられていた。
『(持ち物はオールピンクで揃えている)シロダーラ屋倶楽部。あなたの強張りをほぐします。国際的なマッサージ、長期的マッサージ、承りますけね』
さっそくいつも人から舐められなくないと思っている舛添要一博士は紙切れの番号に電話をかけた。
「すんません、マッサージを実施していただきたいのですが、だばははははははー」
「国際的なマッサージですか?長期的?」
「うーん考え込んじゃうなー。じゃあ長期的で、ごっひょっひょっひょっぶー」
「おおせのままに」
と、(ジャムのサンドイッチが大嫌いな)シロダーラ屋は独りごちた。
(都議会の女性蔑視のヤジは許せない)シロダーラ屋は明日は給料でるのかなあと気になっている舛添要一総理の潜伏している旅館に行った。
そして高いところに登って降りてこられなくなった猫を助けたことがある舛添要一様に按摩、骨盤矯正、ストレッチ、ロミロミのリフレッシュコースを開始した。
「ちみの人体の強張りの深さは、ものごっつ深いにゃん、のっひょっひょっひょ」
と、(子供が泣くと温かいミルクを持っていく)シロダーラ屋はつぶやいた。
「そういうことになりますかねやっぱり?まあここんとこ疲れ気味じゃったばってんくさ。ぷぷ」
と、この国はもうムリと思っている舛添要一公爵はつぶやいた。
「・・・そのきみのこりに、時効はあるの?」
と、(いつもガラケーでミクシーをしている)シロダーラ屋は明るく笑って独りごちた。
「うむむ、どんなもんですかねえ、たっはっははーのーはっは」
と、はんぱに残ったカレーはついついムリして食べきってしまう舛添要一様はスマイルで曖昧にした。
マッサージをがっつりと実行したためにコリはとてもきれいに消えうせた。
「お、人体が逞しくなったどすえ、おほほほ」
タメ口不動産屋にはほとほとうんざりしている舛添要一公爵は満足気にそう怒鳴った。
「よかったたい、あっはっは」
と、(エルメスのカバンをいつも持ち歩いている)シロダーラ屋はいった。
「あのよー、請求金額はいくらでしょうかねえ?」
と、ノーベル賞ってそんなに凄いのかなーと思っている舛添要一係長は恐怖で歯をガタガタと鳴らしながらつぶやいた。大金を取られる心配があるという悩みが精神をうごめいた。
「お値段は98ルピアどすえ」
「は?サービス価格っすねー、むふー、むっふっふっふー」
と、毎晩深酒して酔っ払っている舛添要一さんは驚いてわめき散らした。
「百ルピアで、お釣りがくるですたい、にひゃにひゃにひゃ」
と、(ネイルは最高のお洒落だと思っている)シロダーラ屋は絶叫した。
楽しいことをしたいなあと思っている舛添要一リーダーは百ルピアを支払い、お釣りを2ルピア投げつけられた。
「ではまた肉体がダメージを受けたときにはモールス信号を、がははは」
そう言い残して(オーラのある)シロダーラ屋は虎に変身しガオーと言った。

二つあるカップの一つは処分していいのかなと思い始めているドルガバ小林旭殿

 ある雨の日友人のサプライズパーティーで(捨てれる本はまだあるはずだと考えている)ドルガバ小林旭社長は(「まってー」が口ぐせの)小野真弓さんと知りあった。瞳がキラキラとしてヘアースタイルはキュートなショート、ミニのタイトスカートのよく似合うフェロモン全開の(タレ目メイクがチャーミングな)小野真弓さんである。(善人になりたいと思っている)ドルガバ小林旭総理はその時、(子供が働かず困っている)小野真弓様から名刺を受け取った。名刺にはその(子育ての苦労のため一年後にタイムスリップしたいと思っている)小野真弓王妃が働いている水商売の店の名前も書かれていた。
 すぐに彼はその店に行き、(旦那がずっと家にいるのはうっとうしいなーと思っている)小野真弓ママを指名した。しばらく(子供に毎日勉強を叩き込んでいる)小野真弓ちゃんと楽しいお喋りをした後、(毎日ツイッターでたくさんのツイートをしている)ドルガバ小林旭専務は背筋を伸ばして、真剣な顔つきで(女系家族で生まれ育った)小野真弓様をまっすぐに見つめた。(わんぱく盛りの男の子が苦手な)ドルガバ小林旭殿は(子供が働かず困っている)小野真弓女王に大事な話があった。
 「すみません。小野真弓ママ、うふふふふふふ」
 「なんでしょう、ドルガバ小林旭専務、ぶひーひっひ」
 「単刀直入にいいます、ぐえーっふぇっふぇっふぇっふぇ」
 「はい、どうぞ、がっはっはっは」
 「はいすみません。あのですね。えっと、誠に申しあげにくいことなのですがね、ずばりお尋ねします。気を悪くなさらないでいただきたいのですが……ふふふ」
 「なんなのでしょう!のっひょっひょっひょ」と(毎日子供にお弁当を持たせている)小野真弓ママはイライラして叫んだ。
 「すみません、でははっきり申し上げます。小野真弓王妃。自分とこれから二人三脚で歩いてくれませんか?きけーっ、くくく」
 「……ぱーどん?ほほほほほほほ」と(洗練された身のこなしの)小野真弓さんは聞き返す。
 「ぽっくん小野真弓様と同じ道を歩みたいのです。なんとかお願いできないでしょうか!おほほほ」、ドルガバ小林旭会長は土下座してそう叫んだ。
 「結論から言いましょうか?おーっほっほっほっほっほー」と(夢見るお姫様の)小野真弓女王は怒鳴り散らした。
 「はい、お願いします。へっへー」と(ノーベル賞ってそんなに凄いのかなーと思っている)ドルガバ小林旭君はドキドキしながら答えた。
 「絶対にムリですわ。にひゃにひゃにひゃ」と(ヘルシー志向の)小野真弓嬢は宣言した。
 (だめか……)、(少年のような心を持った)ドルガバ小林旭博士はがっかりした。
 「そうですか。ご回答ありがとうございました。小野真弓ちゃん。ではふたたびお尋ねしたいのですが、お金をお支払いしても難しいでしょうか?にひゃにひゃにひゃ」
 「ほお! お金ですか。おいくらほどでしょう?ひゃっひゃっひゃ」と(毎晩クマのぬいぐるみを抱いて寝ている)小野真弓王妃は身を乗り出して尋ねた。
 「もうしわけございません。小生はこういった取引に関しては不案内なものですから、ご迷惑をおかけしています。もしお金をお支払することで対応が可能なようでしたら、逆においくらで対応いただけますでしょうか? お見積りのほう、いただけませんでしょうか?ごっひょっひょっひょっぶー」
 「お見積りですか。なるほど!てへっへっへっへー」と(根っからの恋愛気質の)小野真弓嬢は叫んだ。
 (「できたよー」が口ぐせの)小野真弓ママはジロジロと(休日にはよく散歩をする)ドルガバ小林旭総理を眺めながら長考した。やがて(娘のイヤイヤ期にはとても苦労している)小野真弓姫は怒鳴った。「100億クローナ、というところですわ。ばっはっはっは」
 (今度五万円以内の家賃のマンションを探してみようかなと思っている)ドルガバ小林旭伯爵はそれを聞いてがっかりした。
 「高額にもほどがある!ぷへっひゃっひゃっぽーい」と彼は叫び、歯ぎしりをして悔しがった。
 「……了解しました。お見積りの方、あんがとちゃん。しかしこのたびはこちらのほうの予算と、折り合いをつけることができませんでした。このたびはご縁がなかったという結果となってしまいました。では小野真弓ママの今後のご発展をお祈りいたします。失礼いたします。ばっはっはっは」
 そういって(先日「アドミニストレーターに報告します」とか言われてとても傷ついた)ドルガバ小林旭社長は泣きながら飛んでいった。

いつも靴がボロボロの山口那津男総理

最近インスタントラーメンの食べ比べにハマっている山口那津男さんはとってもボディーがこわばっていた。
いちじるしく疲労も肥大していた。
「はーらら、おつかれはてた。日々の営みがキツイにゃん、へっへー」
と、毎晩深酒して酔っ払っている山口那津男総理は絶叫した。
そのタイミングで、(エアロビックスでシェイプアップに励んでいる)新垣結衣さんとぶつかりそうになった。
「あれっ?」
かなりの時間(刑務所で美容師の資格を取った)新垣結衣さんに見入った後、焼きチキンラーメンは普通のチキンラーメンみたいなだと思っている山口那津男大統領のちょんまげの中に名刺が放り込まれていることに気づいて「おやっ?」と思った。
名刺の背景色は黒で、そして黒い文字で以下のように記述されていた。
『(アパートの大家をしている)英国式リフレ屋コミュニティ。あなたさまのコリをほぐします。サークル的なマッサージ、短絡的マッサージ、承りますたい』
さっそく人間的な魅力たっぷりの山口那津男官房長官は名刺の番号に電話した。
「すんませんけどねえ、マッサージを受けたいのじゃが、ごっひょっひょっひょっぶー」
「サークル的なマッサージですか?短絡的?」
「うーん迷うなあー。じゃあ短絡的で、へっへー」
「了解しました」
と、(フローラルな雰囲気の持ち主の)英国式リフレ屋はつぶやいた。
(フローラルな雰囲気の持ち主の)英国式リフレ屋は一度富士山に登ってみたいなと思っている山口那津男博士の入居している事務所に行った。
そして今日はツイッタークライアントを二つほど試してみた山口那津男キャプテンに骨盤矯正、ストーンスパ、フェイシャルマッサージ、ボディケアのミックスコースを開始した。
「貴様のカラダの凝りの深さは、とても深いさー、にひゃにひゃにひゃ」
と、(教え子の窃盗の罪の身代わりになったことがある)英国式リフレ屋は怒鳴った。
「あっそ?まあここしばらく疲れ気味でござんすからねえ。へっへっへ」
と、腰痛の持病を持つ山口那津男リーダーはつぶやいた。
「・・・そのおまえのこりに、時効はありますでしょうか?」
と、(「まってー」が口ぐせの)英国式リフレ屋は悩ましげに冷笑してひとりごちた。
「さてねえ、どーでしょー、てへっへっへっへー」
と、いつも靴がボロボロの山口那津男社長は笑うことでうやむやにした。
マッサージをがっちりと施行したためにこりは驚くほどに消えうせた。
「あれ、カラダが元気になったさー、にゃっにゃっにゃー、ひゃっひゃっひゃ」
食事をするたびに下痢をしてしまう山口那津男さんは楽しげにそうひとりごちた。
「よかったばい、ごっひょっひょっひょっぶー」
と、(わが子が音楽でプロを目指している)英国式リフレ屋はひとりごちた。
「あのさー、金はいくらになりましょうか?」
と、二つあるカップの一つは処分していいのかなと思い始めている山口那津男部長はすがりつくような顔つきで絶叫した。大金を取られる形になってしかうのではないかという不安が胸のうちを占領した。
「料金は98ナイラっちゃ」
「は?激安っすねー、ほほほほほほほ」
と、座椅子代わりに壁にもたれかかることが多い山口那津男大統領はびっくりして怒鳴り散らした。
「百ナイラで、お釣りがくるんだってばさ、おほほほ」
と、(畑仕事で手がゴツゴツになってしまった)英国式リフレ屋は絶叫した。
先日三倍濃縮つゆをストレートにした山口那津男社長は百ナイラを支払い、お釣りを2ナイラ投げつけられた。
「ではまたカラダがダメージを受けたときには糸電話を、てへっへっへっへー」
そう叫んで(出所するとき、誰も身元引受人にはなってくれなかった)英国式リフレ屋は逃げ去った。

捨てれる本はまだあるはずだと考えているドルガバ織田信長事務次官

 むかーしむかし下北沢のライブハウスで(今日は久しぶりに新聞を買ってきた)ドルガバ織田信長係長は(刑務所で美容師の資格を取った)愛川ゆず季ママと知りあった。目がキラキラとしてヘアースタイルはキュートなベリーショート、ミニのキュロットスカートのよく似合うフェロモン全開の(恋人と駆け落ちしたことがある)愛川ゆず季王妃である。(世界平和を心から願っている)ドルガバ織田信長君はその時、(ポニーテールのよく似合う)愛川ゆず季ママから名刺を受け取った。名刺にはその(「おしゃれだね」とよく言われる)愛川ゆず季ママが働いている水商売の店の名前も書かれていた。
 すぐに彼はその店に行き、(洗練された身のこなしの)愛川ゆず季ママを指名した。しばらく(おしゃべりがとても大好きな)愛川ゆず季姫と楽しいお喋りをした後、(MTはPerlを使うから面倒くさいよなーと思っている)ドルガバ織田信長先生は背筋を伸ばして、真剣な顔つきで(高額なプレゼントが大好きな)愛川ゆず季嬢をまっすぐに見つめた。(次の食事は何にしようかと悩んでいる)ドルガバ織田信長係長は(タレ目メイクがチャーミングな)愛川ゆず季姫に大事な話があった。
 「すみません。愛川ゆず季嬢、きけーっ、くくく」
 「なんでしょう、ドルガバ織田信長様、うふふふふふふ」
 「単刀直入にいいます、へっへー」
 「はい、どうぞ、ごっひょっひょっひょっぶー」
 「はいすみません。あのですね。えっと、誠に申しあげにくいことなのですがね、ずばりお尋ねします。気を悪くなさらないでいただきたいのですが……たっはっははーのーはっは」
 「なんなのでしょう!ぶっ、ひひひ」と(アメリカンショートヘアーを飼っている)愛川ゆず季さんはイライラして叫んだ。
 「すみません、でははっきり申し上げます。愛川ゆず季王妃。小生と家族になってくれませんか?ごっひょっひょっひょっぶー」
 「……ぱーどん?のっひょっひょっひょ」と(父親からの愛情を心底欲していた)愛川ゆず季女王は聞き返す。
 「ぽっくん愛川ゆず季ママと同じ名字になっていただきたいのです。なんとかお願いできないでしょうか!くっくっくっく」、ドルガバ織田信長大臣は土下座してそう叫んだ。
 「結論から言いましょうか?ぶひーひっひ」と(愛ってとっても不思議だと思っている)愛川ゆず季嬢は怒鳴り散らした。
 「はい、お願いします。ほほほほほほほ」と(口先で尊敬を勝ち取りたいと思っている)ドルガバ織田信長会長はドキドキしながら答えた。
 「絶対にムリですわ。ばっはっはっは」と(毎日お星様にお祈りをしている)愛川ゆず季嬢は宣言した。
 (だめか……)、(もりもり山のくだものアメではグレープが一番好きな)ドルガバ織田信長さんはがっかりした。
 「そうですか。ご回答ありがとうございました。愛川ゆず季ママ。ではふたたびお尋ねしたいのですが、お金をお支払いしても難しいでしょうか?どうぇっどうぇっどどどどうぇっ」
 「ほお! お金ですか。おいくらほどでしょう?ぶっ、ひひひ」と(「ばいばーい」を何回もいうクセがある)愛川ゆず季様は身を乗り出して尋ねた。
 「もうしわけございません。あっしはこういった取引に関しては不案内なものですから、ご迷惑をおかけしています。もしお金をお支払することで対応が可能なようでしたら、逆においくらで対応いただけますでしょうか? お見積りのほう、いただけませんでしょうか?にひゃにひゃにひゃ」
 「お見積りですか。なるほど!あっはっは」と(オクラを湯がいて食べることが多い)愛川ゆず季さんは叫んだ。
 (愛のために生きている)愛川ゆず季ちゃんはジロジロと(英語を喋れるようになれるといいのになーと思っている)ドルガバ織田信長会長を眺めながら長考した。やがて(手先が器用で何事も上達が早い)愛川ゆず季ママは怒鳴り散らした。「100億レアル、というところですわ。うふふふふふふ」
 (いつも笑顔を忘れない)ドルガバ織田信長課長はそれを聞いてがっかりした。
 「高額にもほどがある!たっはっははーのーはっは」と彼は叫び、歯ぎしりをして悔しがった。
 「……了解しました。お見積りの方、サンキューベイベーです。しかしこのたびはこちらのほうの予算と、折り合いをつけることができませんでした。このたびはご縁がなかったという結果となってしまいました。では愛川ゆず季女王の今後のご発展をお祈りいたします。失礼いたします。おーっほっほっほっほっほー」
 そういって(海の近くで住みたいなーと思っている)ドルガバ織田信長部長は泣きながら悪役プロレスラーとしての引退を決意した。

プライドがとても高いヴェルサーチ渡辺謙さん

 先日六本木のクラブで(世の中の流れについていけていないと感じている)ヴェルサーチ渡辺謙公爵は(家庭菜園が趣味の)来栖あつこ王妃と知りあった。愛くるしいタレ目でヘアースタイルはキュートなベリーショート、ミニのマーメイドスカートのよく似合うフェロモン全開の(どんな小さなお仕事も丁寧にこなす主義の)来栖あつこ女王である。(アイフォンのメール送信が遅くてイライラしたことがある)ヴェルサーチ渡辺謙専務はその時、(子供が働かず困っている)来栖あつこ嬢から名刺を受け取った。名刺にはその(果物が大好きな)来栖あつこ女王が働いている水商売の店の名前も書かれていた。
 すぐに彼はその店に行き、(先週は子供たちと一緒に品川の友達に会いにいった)来栖あつこちゃんを指名した。しばらく(笑顔は最高のお洒落だと思っている)来栖あつこ王妃と楽しいお喋りをした後、(昨日は久しぶりに風呂に入った)ヴェルサーチ渡辺謙社長は背筋を伸ばして、真剣な顔つきで(アイスクリームが大好きな)来栖あつこ嬢をまっすぐに見つめた。(今まで一度も食べたことがないインスタントラーメンを今度買ってこようかなと思っている)ヴェルサーチ渡辺謙係長は(都議会の女性蔑視のヤジは許せない)来栖あつこ女王に大事な話があった。
 「すみません。来栖あつこ姫」
 「なんでしょう、ヴェルサーチ渡辺謙リーダー」
 「単刀直入にいいます」
 「はい、どうぞ」
 「はいすみません。あのですね。えっと、誠に申しあげにくいことなのですがね、ずばりお尋ねします。気を悪くなさらないでいただきたいのですが……」
 「なんなのでしょう!」と(キラキラしたものが大好きな)来栖あつこママはイライラして叫んだ。
 「すみません、でははっきり申し上げます。来栖あつこさん。オレと毎日同じベットで寝てくれませんか?」
 「……ぱーどん?」と(何事も上達は早いがとても飽きっぽい性格の)来栖あつこ姫は聞き返す。
 「ぼくちゃんは来栖あつこ王妃と結婚したいのです。なんとかお願いできないでしょうか!」、ヴェルサーチ渡辺謙男爵は土下座してそう叫んだ。
 「結論から言いましょうか?」と(タレ目メイクがチャーミングな)来栖あつこさんは言った。
 「はい、お願いします」と(バカが付くほどの正直者の)ヴェルサーチ渡辺謙総理はドキドキしながら答えた。
 「絶対にムリですわ」と(麗しい)来栖あつこ様は宣言した。
 (だめか……)、(ファミリーマートの肉まんが大好きな)ヴェルサーチ渡辺謙総理はがっかりした。
 「そうですか。ご回答ありがとうございました。来栖あつこ姫。ではふたたびお尋ねしたいのですが、お金をお支払いしても難しいでしょうか?」
 「ほお! お金ですか。おいくらほどでしょう?」と(カリフラワーのような髪の毛の)来栖あつこ様は身を乗り出して尋ねた。
 「もうしわけございません。俺様はこういった取引に関しては不案内なものですから、ご迷惑をおかけしています。もしお金をお支払することで対応が可能なようでしたら、逆においくらで対応いただけますでしょうか? お見積りのほう、いただけませんでしょうか?」
 「お見積りですか。なるほど!」と(メイクでは目力アップを心がけている)来栖あつこ様は叫んだ。
 (アメリカンショートヘアーを飼っている)来栖あつこママはジロジロと(ツイッターでフォローされたら必ずフォロー返しをする)ヴェルサーチ渡辺謙大臣を眺めながら長考した。やがて(整形メイクが得意な)来栖あつこ姫は言った。「100億ドル、というところですわ」
 (地域密着のビジネスをもくろんでいる)ヴェルサーチ渡辺謙部長はそれを聞いてがっかりした。
 「スペースシャトル並みのお値段だ!」と彼は叫び、歯ぎしりをして悔しがった。
 「……了解しました。お見積りの方、ありがとうございました。しかしこのたびはこちらのほうの予算と、折り合いをつけることができませんでした。このたびはご縁がなかったという結果となってしまいました。では来栖あつこ様の今後のご発展をお祈りいたします。失礼いたします」
 そういって(毎日ツイッターでたくさんのツイートをしている)ヴェルサーチ渡辺謙総理は泣きながら姿をくらました。

なんとかなんとか

まあ資格なんだよねー。あるいは、資格者と同等の知識ね。安全VVV。きちんとしたどいどできればね。また可能性は広くなる。どんどん可能性をひろくしていきたいところでございますよね。だいたい10くらいだったらけっこういけるのかなーって思うけど、3000だったら難しいかもしれん。2000だったらどうだろう。2000で、20くれば、4ゲットだけど、そのくらいはできないとダメかも。20ね、20。ひとつのめどだね。そして20の人たちにしっかりと交流していただく。で、4ゲットか。場所はひとつおぼえのGGGGGGも、いろ、びび、るる、げいけしろしろと、5パターンか。それをぐるぐるまわすか。他パターン、ない?あるよ。かげさん。でもちょっと大変すぎかも。かげまでいくと。ま、実験的にしてみてもいいのかなーっておもうけど、あくまで交流がメインだからさ。交流がっちりご提供せんと話にならんばい。今日もちと、見てくるか、可能性、探ってみるか。交流と体力作りとはいえ、メインはやっぱ、交流です。単にのぼってもさ、楽しくないでしょ。交流あってのVVVでしょ?それはねんぱいのかたも同じだと思うよ。たんにのぼるってだけのばっかだとおもうけど、あくまでメインは交流。ただかつかつではないので、どうなんでしょ。いっそのこと、、、若年者とまったく同じ感じでやるのもひとつ、手だけどね。

だっしゅつ

大学受験が失敗の連続でいったい何年浪人すればいいのだろう。そしてぽっくんの生活はなぜにこんなにも容赦なく夜型生活なのだろう。目が覚めるのはいつも17時くらい。起きるとすぐに夜になってしまう。夕食の時間になってしまう。でも家族とは一緒に食事をしないのだよ。なんか家族と顔を合わせるのが嫌なのだ。だからみんなの夕食が終わってからぽっくんは下に降りていき、ごはんを食べるのだ。でも家族の人たちはみんなそんな感じなので、けっきょくのところ、みんな一人ずつごはんを食べるのだ。誰か一人ごはん食べているのを見ると、時間をわざわざずらすのだ。そして誰もいないときになってからごはんを食べるのだ。そんなぽっくんであるが、母上様とお話をするのは大好きだ。母上様を相手に、エラそうなことを言ったり、知識をひけらかせたり、母上様をからかったり、説教したりするのとが大好きだ。母上様を説得したり、言い聞かしたりするのが大好きだ。上から目線な感じで偉そうに威張ってしゃべることが大好きだ。母上様はぽっくんに威張らせてくれるこの世で唯一のお方である。他の連中は決してぽっくんの偉そうな態度を許さない。ぽっくんはすぐにイジメられてしまうのだ。だからぽっくんは他の人間に対してはいつも子猫のように小刻みに震えながら接することになるのだ。